Blog

August 9, 2020

ハチ目 シリアゲコバチ科 
体長 10~11mm 
既存の孔を利用するハナバチや狩バチに寄生するハチです。
産卵管の入ったサヤを背負った特異な姿をしています。
木の坑道にいる寄生相手のハチの幼虫を探り当てると、長い産卵管を出して差し込み、45分ほどかかって産卵するようです。
日本の北海道~九州と、朝鮮半島、中国、台湾、インド、シベリアに分布します。
6月~8月に産卵シーンがよく見られているようです。
(写真)2020.8.9 明石市明石公園

(写真)産卵 2020.8.9 明石市明石公園

August 9, 2020

ナス目 ナス科 
熱帯アメリカ原産の一年草で、高さは0.3~1.5mになります。
日本へは明治時代初期に渡来したといわれ、北海道~九州に帰化しています。
現在では、世界中に帰化しているコスモポリタン植物になっています。
花は、6月~8月に咲きます。
有毒植物で、誤って食べると嘔吐、下痢、異常な興奮、苦しさのあまりの幻覚症状などを引き起こすといわれています。
(写真)花 2020.8.8 加西市若井町

(写真)果実 2020.8.1 加西市佐谷町

August 8, 2020

チョウ目 メイガ科 
開張 15~18mm 
幼虫は、コナラ類やカシ類、チャノキなどの枯葉を食べます。
成虫は、7月~8月に見られます。
日本の北海道~九州と、朝鮮半島、中国に分布します。
(写真)2020.8.8 加西市畑町

August 8, 2020

トンボ目 オニヤンマ科 
体長 オス90~103mm メス98~114mm 
日本最大のトンボで、小川、渓流、湿地脇の細流のあるところに生息します。
日本の北海道~沖縄と、朝鮮半島、中国、サハリン、シベリアに分布します。
メスは、細流の水際ぎりぎりの浅い柔らかい泥や砂の中に腹の先を突き立てるようにして産卵します。
卵から産まれたヤゴは、3~4年かけて成長し成虫になります。
成虫は6月上旬~10月下旬に見られますが、特に7月~8月に多く見られます。
(写真)2020.8.8 加西市若井町

August 3, 2020

スズキ目 ハゼ科 
全長 10cm程度 
内湾や河口の泥干潟に生息し、ゴカイ類などの泥の上にいる小動物を食べます。
日本の東京湾~沖縄の沿岸域に分布します。
オスが干潟に穴を掘って産卵巣を作ります。
環境省レッドデータブック:準絶滅危惧
兵庫県レッドデータブック:Aランク
(写真)2020.8.3 加古川河口

August 3, 2020

コウチュウ目 テントウムシ科 
体長 3.3~5.0mm 
都市部などでも普通に見られる小さなテントウムシです。
幼虫、成虫ともに、各種のカイガラムシ類を食べます。
成虫は、4月~10月に見られます。
日本の北海道~九州に分布します。
(写真)2020.8.3 明石市太寺天王町

August 2, 2020

ナス目 ナス科 
山地の林縁や木陰に生える多年草で、高さは50~70cmになります。
花は6月~8月に咲き、淡黄白色で、花冠は5浅裂しハダカホオズキのように反り返ることはありません。
ガクの外側には短い太い毛が密生します。
ガクは果実に合わせてふくらみ、液果をほとんど包み込んで、トゲ状の突起があるのが特徴です。
日本の北海道~九州と、朝鮮半島、中国(北部・東北部)に分布します。
(写真)2020.8.1 加西市佐谷町

(写真)花 2020.8.1 加西市佐谷町

August 1, 2020

チョウ目 ヤガ科 
開張 23~33mm 
幼虫が何を食べているか、わかっていません。
成虫は、7月~8月に見られます。
日本の本州~南西諸島と、朝鮮半島、中国、台湾に分布します。
(写真)2020.8.1 加西市上芥田町

August 1, 2020

チョウ目 シャクガ科 
開張 オス34~38mm メス40~45mm 
山地で普通に見られます。
幼虫は、ヤマアジサイの葉を食べます。
成虫は、6月~10月に見られます。
日本の北海道~九州と、朝鮮半島、ロシア(南東部)に分布します。
(写真)2020.8.1 加西市上芥田町

August 1, 2020

カメムシ目 セミ科 
体長 オス32~39mm メス23~28mm 全長41~50mm 
うす暗い森林に生息し、明け方や夕方に合唱して「カナカナカナ…」と鳴きます。
日中は木の低いところや根際近くに止まっていますが、近づくと飛び立ちます。
日本の北海道~九州に分布します。
成虫は7月~9月上旬に見られ、特に7月後半に多く見られます。
(写真)2020.8.1 加西市佐谷町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

August 9, 2020

August 8, 2020

August 3, 2020

August 2, 2020

August 1, 2020

August 1, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Google+ - Black Circle

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia