ヒメアトスカシバ(スカシバガ科)


開張 21~29mm スカシバガは、姿をハチに似せることにより身を守っているガのグループです。 ヒメアトスカシバは、このグループの中では最も普通に見られるものです。

オオフタオビドロバチに姿を似せていると考えられています。 幼虫は、つる植物のヘクソカズラの茎の中で成長します。 成虫は日中に活動し、6月中旬~7月上旬に見られます。 (写真)オス 2015.6.14 丹波市青垣町

(写真)メス 2018.6.16 加西市網引町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia