ウスバフユシャク


チョウ目 シャクガ科 

開張 オス22~27mm

冬に現れるガで、成虫は12月~2月に平地から低山地で普通に見られます。

メスは翅が退化して飛ぶことができません。

幼虫は、ブナ科、バラ科、ニレ科、ムクロジ科、カキノキ科の樹木の葉を食べることが知られており、特にバラ科のウメ、サクラ類の葉をよく食べます。

日本の北海道~九州と、ロシア南東部に分布します。

フユシャクの仲間は皆よく似ていますが、上翅の外横線がほぼ真直ぐで、内横線がくの字に曲がっていることで見分けることができます。

(写真)オス 2021.1.19 明石市明石公園

(写真)オス 2021.2.10 明石市明石公園

(写真)オス 2021.1.12 明石市明石公園

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square