ケシロヨメナ


キク目 キク科  林縁に生える多年草で、高さは0.3~1mになります。 シロヨメナの変種で、茎や葉の裏に毛が生えたものをいいます。 染色体数は、シロヨメナは2倍体ですが、ケシロヨメナは4倍体という違いがあります。 イナカギクと似ていますが、イナカギクの葉は葉柄がなく半ば茎を抱くように着きますが、シロヨメナはほとんどないくらい短い葉柄で茎に着き、その着き方で何とか見分けることができます。 葉の裏の毛はケシロヨメナの方が少なく、イナカギクの葉の手触りは柔らかい感じですが、ケシロヨメナはざらついた感じがします。 花は、9月~11月に咲きます。 シロヨメナは日本の本州~九州と、朝鮮半島、中国、台湾に分布しますが、ケシロヨメナは日本の固有変種で本州(中部地方以西)、四国、九州に分布します。 (写真)2020.10.21 三木市口吉川町蓮花寺

(写真)葉 2020.10.27 三木市口吉川町蓮花寺

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square