アカスジカスミカメ

October 11, 2020

カメムシ目 カスミカメムシ科 
体長 4.6~6.0mm 
幼虫、成虫ともにイネ科の植物の汁を吸い、イネの穂を吸い斑点米をつくる害虫として知られています。
成虫は、5月~10月に見られます。
マメ科の植物につくアカホシカスミカメとよく似ていますが、アカホシカスミカメは触角の第1節が頭の幅より長いことで見分けることができます。
日本の北海道(渡島半島)~九州と、朝鮮半島、中国、千島、サハリン、ロシアの沿海州に分布します。
(写真)2020.10.11 小野市黍田町(加古川河川敷)

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

November 24, 2020

November 24, 2020

November 19, 2020

November 16, 2020

November 15, 2020

November 15, 2020

November 14, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia