ミツクリヒゲナガハナバチ


ハチ目 ミツバチ科  体長 メス 約9mm オス 7~8mm  いろんな花にやってきますが、特にハギ類の花によく来るようです。 地中に巣をつくり、花粉と蜜の混合物を蓄えて産卵するといわれています。 成虫は、8月~11月に見られます。 日本の本州、四国、九州と、朝鮮半島、中国、極東ロシアに分布します。 (写真)2020.9.13 小野市来住町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square