クモラン

July 24, 2020

キジカクシ目 ラン科 
樹木の枝や幹に着生する多年草で、長さ2~3cmの葉緑素を持った根を放射状に出した特異な姿をしています。
茎は極めて短く、葉はありません。
6月~7月に淡黄緑色の花を1~3個つけます。
日本の本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄と、朝鮮半島、中国、台湾、ヒマラヤ、マレーシアに分布します。
湿度の高い場所の樹木で見られ、目につきにくいこともあり希少とされていますが、自生地では強風のあと落ちてきた枝に付着しているのを見ることがあります。
兵庫県レッドデータブック:Bランク
(写真)2020.7.18 加西市

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

August 3, 2020

August 2, 2020

August 1, 2020

August 1, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia