イヌノフグリ

June 18, 2020

シソ目 オオバコ科 

古くからある石垣や道端に生える越年草で、茎は分枝して広がり長さ10~25cmになります。
花は、2月~4月に咲きます。
日本の本州~沖縄と東アジアに広く分布しますが、古い時代に渡来した史前帰化植物かも知れないといわれています。
昔は普通に見られましたが、外来のオオイヌノフグリやフラサバソウに生息地を奪われるなどして、ほとんど見ることができなくなりました。
兵庫県内では、農村部よりは県南部の都市部の石垣などでまだ見ることができます。
環境省レッドデータブック:絶滅危惧Ⅱ類
兵庫県レッドデータブック:Cランク
(写真)花 2020.4.2 神戸市須磨区天神町

(写真)実 2020.4.2 神戸市須磨区天神町

 

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

July 3, 2020

July 3, 2020

June 29, 2020

June 28, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia