ヤマサナエ

May 28, 2020

トンボ目 サナエトンボ科 

体長 63~69mm 
平地から低山地の緩やかな流れの川の流域に多く、溝や用水路のような小さな流れにも適応しています。
キイロサナエと大変よく似ていますが、オスは尾部の上下の付属器の先端の位置がほぼ同じになっていることで、メスは産卵弁が下方に突出していないことで、見分けることができるとされています。
日本の特産種で、本州、四国、九州に広く分布します。
成虫は4月下旬~8月上旬に見られ、中でも5月~6月に多く見られます。
(写真)2020.5.27 加東市上久米(やしろの森公園)

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

November 24, 2020

November 24, 2020

November 19, 2020

November 16, 2020

November 15, 2020

November 15, 2020

November 14, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia