ヒメミズワラビ

November 13, 2019

ウラボシ目 イノモトソウ科 

水田、休耕田、水路、ため池などに生える一年生のシダ植物で、高さは5~40cmになります。
日本の本州(福島県以南)~九州と、朝鮮半島、台湾に分布します。
従来日本でミズワラビとされていたものが2つに分けられ、沖縄のもの(南方型)がミズワラビ、鹿児島県以北のものがヒメミズワラビとされました。羽状に深く切れ込んだ栄養葉と鹿の角状に細く切れ込んだ胞子葉がつきます。
ミズワラビに比べて、葉柄が葉身の1/3~3/4と相対的に短いとされています。
兵庫県レッドデータブック:Cランク
(写真)2019.9.22 加西市笹倉町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

July 10, 2020

July 6, 2020

July 5, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia