イチョウウキゴケ

November 13, 2019

ゼニゴケ目 ウキゴケ科 

水田やため池の水の上に浮かんで生える苔類のコケで、長さ10~15mm、幅4~8mmになります。
水が干上がった時には、泥の上でも生育することができます。
形がイチョウの葉に似ているところから名づけられました。
日本の北海道~沖縄をはじめ、世界中に分布します。
日本では、水質の悪化や農薬の使用により減少しているといわれていますが、加古川流域では比較的よく見られます。
環境省レッドデータブック:準絶滅危惧
(写真)2019.7.15 加東市東古瀬

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 20, 2020

September 19, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 16, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia