モウセンゴケ

November 10, 2019

ナデシコ目 モウセンゴケ科 

日当たりのよい湿地、貧栄養な溜池のほとり、水のしみ出す崖などに生える多年生の食虫植物で花茎の高さは10~20cmになります。
日本の北海道~九州と、北半球の寒帯~温帯地域に広く分布します。
花は6月~8月に咲き、コモウセンゴケやトウカイコモウセンゴケがピンク色なのに対し白色をしています。
スプーン形をした葉の表面に多数の赤色の腺毛があり、甘い香りのする粘液を出して虫をおびき寄せ、虫がくっつくと葉が虫を包むように曲がって消化吸収します。
(写真)花 2019.6.16 加西市笹倉町

(写真)葉 2019.6.3 三田市大川瀬

(写真)花のアップ 2020.6.7 加西市網引町

 

 

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

July 10, 2020

July 6, 2020

July 5, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia