キクモ


シソ目 オオバコ科 

ため池、水田、流れの緩やかな水路に生える一年草で、高さは陸生状態で5~20cm、水中では60cm程度まで伸びます。 日本の本州~沖縄と、朝鮮半島、中国、台湾、東南アジア、インド、オーストラリアに分布します。 花は8月~10月に咲き、水中では閉鎖花をつけます。 よく似たものにコキクモがありますが、陸生のものではキクモの茎には開出毛が密生するのに対し、コキクモは無毛です。 また、キクモの果実は葉の脇について柄がないのに対し、コキクモの果実には2~10mmの柄があることで見分けることができます。 最近はアクアリウム用の水草として東南アジア産のキクモがよく輸入されており、遺伝的な系統の違う日本産のキクモとの交雑が心配されています。 (写真)2019.10.28 加西市畑町

(写真)花 2019.10.28 加西市畑町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square