ヒレハリソウ(コンフリー)


ムラサキ目 ムラサキ科 

ヨーロッパ原産の多年草で、高さは30~90cmになり、人家付近の湿った草地や畑地に生えています。 日本へは明治時代に野菜や薬用として導入され、健康食品としても栽培されたものが野生化しています。 日本に入ってきているものは純粋のヒレハリソウではなく、西アジア原産のオオハリソウとの雑種起源のものといわれています。 花は、5月~8月に咲きます。 以前は葉を天ぷらにして食用にしたり、ハーブティーとして飲まれたりしましたが、大量に飲食すると肝臓障害を引き起こすことがわかり、2004年に食品としての販売が禁止されました。 (写真)2012.5.13 加古川市上荘町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square