ハナハマセンブリ

October 24, 2019

リンドウ目 リンドウ科 

地中海沿岸原産の一年草で、高さは20~30cmになり、空地、道端、河川敷に生えています。
日本への侵入は横浜市での確認が1988年に報告されたのが最初で、本州(東北地方南部以南)~沖縄に帰化しているようです。
花は、6月~7月に咲きます。
同じ外来種のベニバナセンブリと大変よく似ていますが、ベニバナセンブリは花の時期に根生葉があり、つぼみのときの花冠裂片(花弁部分)とその下の花筒の長さの比が1:1であることに対し、ハナハマセンブリは花の時期には根生葉がなく、つぼみのときの花冠裂片(花弁部分)とその下の花筒の長さの比が1:1.3~1.5と花筒が長いことで見分けることができます。
また、ハナハマセンブリの方が花の中心部の白が目立ち、花弁の幅が少し狭くて花が少し小さい感じです。
(写真)2016.7.3 加古川市尾上町養田(加古川河川敷)

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

November 24, 2020

November 24, 2020

November 19, 2020

November 16, 2020

November 15, 2020

November 15, 2020

November 14, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia