ハナカタバミ

October 13, 2019

カタバミ目 カタバミ科 

南アフリカ原産の多年草で、道端、公園、道路の法面などで見られ、高さは10~30cmになります。
日本へは江戸時代末に観賞用として渡来し、本州(関東地方以西)~九州の暖地で野生化しています。
花は、3月~12月とほぼ1年中咲きます。
ムラサキカタバミやイモカタバミと似ていますが、花は濃いピンク色で径がこれらのものより大きくて3cmくらいで5枚の花弁が少し重なってつき、花の中心部が黄色で、雄しべの葯も黄色です。
また、葉柄や花柄に細かな毛が開出しているのも特徴です。
(写真)2018.10.26 加古川市尾上町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 30, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 28, 2020

September 28, 2020

September 24, 2020

September 24, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia