カタバミ


カタバミ目 カタバミ科 

畑地、庭、公園、道端などに生える多年草で、地面をはうように広がり、高さは5~10cmになります。 日本の北海道~沖縄と世界中の熱帯~温帯に広く分布します。 花は、4月~10月に咲きます。 葉は3枚の小葉からなる複葉で、ひとつずつの小葉はハート形をしています。 葉は夕方になると閉じ、片側が欠けて食べられたように見えることから、片食み(カタバミ)と呼ばれるようになりました。 葉にはシュウ酸が含まれておりかじると酸っぱい味がし、これで硬貨の十円玉を磨くとピカピカになります。 昔はこれで銅の鏡を磨いたようで、鏡草(カガミグサ)とも呼ばれていました。 熟した果実を触ると種子が勢いよくはじけ飛び、1mくらい飛びます。 地上に横に伸びた茎のところどころから根を出し、繁殖力が強くてなかなか根絶できないところから、子孫繁栄につながるとして家紋に使われています。 葉の色が緑色のものが多く見られますが、葉が暗赤紫色になる品種がありアカカタバミと呼ばれます。 (写真)2017.4.19 小野市古川町

(写真)アカカタバミ 2019.5.11 多可町八千代区俵田

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square