ヌスビトハギ

October 2, 2019

マメ目 マメ科 

林縁、山地の道端などに生える多年草で、高さは0.6~1.2mになります。
日本の北海道~沖縄と、朝鮮半島、中国、台湾、東南アジア、インドに分布します。
花は、7月~9月に咲きます。
果実の表面に先がカギ状に曲がった微細な毛が密に生えてマジックテープのようになっており、哺乳動物の体や人間の衣服にくっついて運ばれます。
果実は2つに深くくびれ、その形が足音をさせないようにかかとから足の裏の外側を床につけて歩いた盗人の足跡に似ているとして名づけられたといわれています。

他の外来のヌスビトハギの仲間は、果実が3~5節に浅くくびれており見分けることができます。
(写真)2019.9.14 多可町加美区

(写真)果実 2019.9.14 多可町加美区

 

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 29, 2020

September 29, 2020

September 28, 2020

September 28, 2020

September 24, 2020

September 24, 2020

September 20, 2020

September 19, 2020

September 17, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia