ヨメナ

September 30, 2019

キク目 キク科 

小川の縁や田のあぜなどの湿り気のある草地に生える多年草で、高さは0.5~1.2mになります。
日本の固有種で、本州(中部地方以西)、四国、九州に分布します。
花は7月~10月に咲き、舌状花が薄紫色をした日本の秋を代表する野菊のひとつです。
ヨメナの仲間は花の子房の上にある冠毛が短く、冠毛が4~6mmと長いノコンギクと見分けることができます。
オオユウガギクとよく似ていますが、頭花がオオユウガギクより少し小さく、冠毛の長さがオオユウガギクでは0.5~1mmでばらつきがあるのに対し、ヨメナは0.5mm前後でそろっています。
ヨメナの染色体数は2n=63で、オオユウガギク(2n=72)とコヨメナ(2n=54)が交雑してできたと考えられています。
春の若芽はよい香りがし、菜飯、あえ物、天ぷらなどにして食べられています。
万葉集には「うはぎ」という名で登場しており、この時代から摘み草として食べられていたようです。
(写真)2019.9.24 加西市玉丘町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

August 9, 2020

August 8, 2020

August 3, 2020

August 2, 2020

August 1, 2020

August 1, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia