ツマグロトビケラ

September 23, 2019

トビケラ目 トビケラ科 
前翅長 30mm内外
幼虫は池沼、ダム湖などの止水に生息し、成虫は夏から秋にかけて灯火に飛来します。
日本の北海道~九州に分布しますが、北海道以外での採集例は少ないといわれています。
後翅が淡黄色で先端が黒く、これが名前の由来になっています。
幼虫は、水中で落葉を短冊状に切り取り、円筒形の巣を作ります。
池沼の水質悪化、農薬の使用、夜間照明による誘引などにより減少していると考えられることから7府県でレッドデータブックの対象となっていますがそのほとんどが「情報不足」とされ、実態はよくわかっていないようです。
(写真)2019.9.18 小野市小田町
 

 

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 24, 2020

September 24, 2020

September 20, 2020

September 19, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia