カキネガラシ

September 15, 2019

アブラナ目 アブラナ科 

ヨーロッパ~西アジア原産の一年草または越年草で、高さは40~80cmになり、道端や空き地などに生えています。
日本には明治時代後期に移入し、現在では北海道~九州に帰化しています。
花は、4月~6月に咲きます。
花のあと枝がどんどん横に広がり、果実は枝に沿って密着するように着くのが特徴です。
上部に着く葉は小さくて目立たず、茎が密生して垣根を作っているように見えることから、垣根のように見えるカラシの仲間の植物という意味で名づけられました。
(写真)2015.4.26 加古川市尾上町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

July 6, 2020

July 5, 2020

July 3, 2020

July 3, 2020

July 3, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia