キボシアオゴミムシ

September 1, 2019

甲虫目 オサムシ科 

体長 12~13mm 

河原、畑地、林縁などの落葉や石の下からよく見つかり、地表を活発に歩き回って他の昆虫を捕まえて食べます。
日本の北海道~九州と、朝鮮半島、中国、シベリア南東部に分布します。
アトボシアオゴミムシとよく似ていますが、翅の黄斑の輪郭はアトボシアオゴミムシほど波打たず丸みが強いのが特徴です。
また、胸(前胸背板)は、アトボシアオゴミムシは緑色の光沢を帯びるものが多いのに対し、キボシアオゴミムシは赤銅色の光沢を帯びるものが多いようです。
(写真)2019.8.29 小野市来住町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 19, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 16, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia