ミミカキグサ

August 16, 2019

シソ目 タヌキモ科 

日当たりのよい貧栄養の湿地に生える一年生(南方では越冬して多年生)の食虫植物で、高さは5~15cmになります。
日本の本州~沖縄と、朝鮮半島、中国、台湾、東南アジア、オーストラリアに分布します。
花は、7月~11月に咲きます。
泥の中に白く細い地下茎をはわせ、ところどころに小さな捕虫嚢をつけてミジンコなどのプランクトンを捕食します。
水深のあるところでは水中に線形の水中葉をつけますが、水深がないと幅の広い気中葉をつけます。
生育する湿地が減少していることから、全国の32都府県でレッドデータブックの対象となっています。
加古川流域ではため池の周囲など生育できる湿地環境が比較的よく残っており、各地の小さな湿地で見ることができます。
(写真)2019.8.6 加西市網引町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

July 6, 2020

July 5, 2020

July 3, 2020

July 3, 2020

July 3, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia