ニワウルシ(シンジュ)

July 15, 2019

ムクロジ目 ニガキ科 

中国の北中部原産の落葉高木で、栽培されていたものが道端など人里周辺で野生化しています。
カイコ蛾と同様に絹糸をつくるシンジュサン(蛾)の餌とするため、日本には明治時代初期に渡来し栽培されてきました。
雌雄別株で、花は6月に咲きます。
成長が早く、庭木や街路樹として植えられていることもあります。
ドイツ語の名称の「神の木」を和訳して神樹(シンジュ)とも呼ばれています。

生態系被害防止外来種リスト:重点対策外来種
(写真)2019.6.8 加西市上万願寺町 

 

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 30, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 28, 2020

September 28, 2020

September 24, 2020

September 24, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia