ゲンジボタル(ホタル科)

June 12, 2019

体長 10~16mm

林縁を流れる細い流れのある所で見られます。
幼虫は水生で清流の流れの緩やかなところに住み、巻貝のカワニナを食べます。
成虫は、5月~6月に見られます。
メスは川岸の木や石に生えたコケの中に卵を産み、夏になると卵がかえり幼虫になります。
成長した幼虫は、雨の日の夜に川岸に上陸し、川岸のやわらかい土に潜り込んで周囲の泥を固めてマユを作り、その中でサナギになります。
成虫は2~3週間ほど生きますが、その間は水を飲むだけで餌は食べません。
オスもメスもお尻のところで光を出し、オスは川の上空を飛びながら、メスは川岸の草などにとまって発光します。
この発光している様子は、夜の8時頃、10時頃、12時頃によく見られるように思います。
日本固有種で、本州、四国、九州に分布しています。
西日本と東日本のゲンジボタルでチカチカと発光する間隔が違い、西日本の方が速いテンポで発光することが知られています。
(写真)2019.6.9 丹波市山南町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

August 9, 2020

August 8, 2020

August 3, 2020

August 2, 2020

August 1, 2020

August 1, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia