タカノツメ(イモノキ)

May 19, 2019

セリ目 ウコギ科 

落葉の高木で、山地の森林に生えます。
日本の固有種で、北海道(南部)~九州に分布します。
雌雄別株で、花は5月~6月に咲き、花粉は昆虫が運びます。
秋には、葉が黄色に美しく紅葉します。
若芽は山菜として食用になり、天ぷらにすると独特の香りが楽しめます。
冬芽の先がとがって曲がっている様子が鷹の爪のようだということで名づけられました。
また、材が白くて柔らかいことから、イモノキとも呼ばれます。
(写真)2019.5.16 三木市福井

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

August 3, 2020

August 2, 2020

August 1, 2020

August 1, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia