アシナガオトシブミ(オトシブミ科)

May 20, 2019

体長 6.5~8mm

クヌギ、コナラ、ミズナラ、クリ、カシ類の葉を巻いて揺りかご(揺らん)をつくるオトシブミです。
揺らんはメスの成虫が産卵のために葉を巻いてつくり、できあがった揺らんは地上に切り落とす場合と、そのまま葉にくっついている場合があります。
葉を先端から少し巻いたところで産卵し、葉の縁を折り込みながら円筒状に巻いていきます。
卵からかえった幼虫は揺らんを食べて育ち、成虫になって揺らんから出てきます。
成虫は、4月~7月に見られます。
胸(前胸背)は通常は黒色ですが、赤色の個体もいます。
(写真)2019.5.16 三木市福井

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

August 9, 2020

August 8, 2020

August 3, 2020

August 2, 2020

August 1, 2020

August 1, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia