バイカモ

May 18, 2019

キンポウゲ目 キンポウゲ科 

川の浅くてきれいな清流、湧水地、湧水のある水路に生える水生の多年草で、茎は水中で1~2mに伸びます。
日本の固有種で、北海道~本州に分布します。
花は、6月~9月に咲きます。
生育に適した水温は15℃で、25℃を超えると生育できなくなることから、底から伏流水や湧水が湧き出す流水に生育するため、河川や用水路の改修などにより全国的に減少しており、多くの都道府県でレッドデータブックの対象種となっています。
有毒植物の多いキンポウゲ科の中では珍しく食用になり、生で三杯酢やマヨネーズで食べるとシャキシャキした歯ごたえが楽しめますが、これだけ減少してしまうと食べることは無理になってしまいました。
兵庫県レッドデータブック:Bランク
(写真)2017.5.20 丹波市青垣町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

July 10, 2020

July 6, 2020

July 5, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia