バイカモ


キンポウゲ目 キンポウゲ科 

川の浅くてきれいな清流、湧水地、湧水のある水路に生える水生の多年草で、茎は水中で1~2mに伸びます。 日本の固有種で、北海道~本州に分布します。 花は、6月~9月に咲きます。 生育に適した水温は15℃で、25℃を超えると生育できなくなることから、底から伏流水や湧水が湧き出す流水に生育するため、河川や用水路の改修などにより全国的に減少しており、多くの都道府県でレッドデータブックの対象種となっています。 有毒植物の多いキンポウゲ科の中では珍しく食用になり、生で三杯酢やマヨネーズで食べるとシャキシャキした歯ごたえが楽しめますが、これだけ減少してしまうと食べることは無理になってしまいました。 兵庫県レッドデータブック:Bランク (写真)2017.5.20 丹波市青垣町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square