カマツカ(ウシコロシ)


バラ目 バラ科 

落葉の小高木で高さ5~7mになり、日当たりのよい林縁などに生えます。 日本の北海道~九州と、朝鮮半島、中国(中南部)、台湾に分布します。 花は4月~6月に咲き、花粉は昆虫が運びます。 果実は10月~11月に赤く熟し、果柄にイボ状の皮目が多くあるのが特徴です。 材が堅くて折れにくく、鎌の柄に使われたことから「鎌柄(カマツカ)」と呼ばれています。 また、この木の枝で牛の鼻輪を作ったことから、「牛殺し(ウシコロシ)」とも呼ばれます。 (写真)2019.5.11 多可町八千代区

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square