イシガケチョウ(タテハチョウ科)

May 10, 2019

開張 45~55mm

日本の本州(近畿地方以西)~沖縄と台湾、中国南部、東南アジア、インドに分布します。
南方系のチョウで分布を北に広げてきており、兵庫県南部では定着するようになりました。
花にもやってきますが、湿地などの湿った地面で吸水していることがよくあります。
幼虫は、クワ科のイヌビワ、イチジク、オオイタビなどの葉を食べます。
成虫は7月中旬~8月上旬に特に活発に活動しますが、年に何度も発生を繰り返し成虫で越冬するため、春から秋遅くまで姿を見ることができます。
(写真)2019.5.8 加西市畑町

 

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 19, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 16, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia