ミゾソバ

April 7, 2019

ナデシコ目 タデ科 

田の畦、用水路、休耕田、溜池畔、小川などの水辺に生える一年草で、高さは0.3~1mになります。
日本の北海道~九州と、朝鮮半島、中国、台湾、ロシア(ウスリー、サハリン)に分布します。
花は7月~10月に咲き、花弁に見えるものはガクで、淡紅色のものから白色に近いものまであります。
溝に生えていて、ソバに似ていることから名づけられました。
葉の形が牛の額に似ていることから、ウシノヒタイとも呼ばれます。
江戸時代中期の書物「大和本草」には、「牛面草は俗の名で、また溝スバとは水辺に生ずること。牛の額というのは、ソバの葉に似て長いから。またイシミカワに似てあのような鋭い刺がない。茎葉は柔で色は青い。生の葉をすりつぶし、切り傷の出血を止める効がある」と書かれています。
(写真)2016.10.16 丹波市山南町

(写真)花の拡大 2016.10.16 丹波市山南町

 

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 19, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 16, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia