コバノミツバツツジ


ツツジ目 ツツジ科  高さ1.5~4mになる落葉の低木で、日当たりのよいアカマツ林などの二次林で多く見られます。 日本の固有種で、本州(静岡県西部・長野県以西)、四国、九州に分布します。 加古川流域で見られるミツバツツジの仲間は、コバノミツバツツジ、ユキグニミツバツツジ、ダイセンミツバツツジの3種類ですが、笠形山、粟鹿山、六甲山系を除けばコバノミツバツツジだけが自生しています。 花は、3月下旬~4月の葉の展開前または葉の展開と同時に咲きます。 花弁上部の内側(花冠の上側裂片)に深紅色の斑点が多くあるものから、ほとんど見えないものまで変異があります。

(写真)2019.4.3 加古川市加古川町

(写真)斑点多い 2019.4.3 加古川市加古川町     (写真)斑点なし 2019.4.3 加古川市加古川町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia