イヌキクイモ

March 21, 2019

キク目 キク科 

北アメリカ原産の多年草で、高さは1.5~3mになり、河川敷や荒れ地に生えています。
日本には江戸時代末期に渡来したといわれ、北海道~九州に帰化しています。
花は、7月~9月に咲きます。
キクイモとよく似ていますが、塊茎が小さくて食用として役に立たないことから、植物名で役に立たないものを表す「イヌ」をつけてイヌキクイモと呼ばれています。
イヌキクイモは舌状花が通常は10枚以下で先端がとがるのに対し、キクイモは舌状花が10~20枚で先端が3~5裂してとがらないことで見分けることができます。
また、イヌキクイモの方が塊茎が小さく、葉の幅も狭いという違いもあります。
しかし、キクイモとイヌキクイモの花などの地上部の形質には中間的なものも見られ、塊茎の違いだけが安定した形質の違いとなっていることから、同一種とする見解もあるようです。
(写真)2017.9.9 丹波市青垣町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 24, 2020

September 24, 2020

September 20, 2020

September 19, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia