ヤセウツボ

March 7, 2019

シソ目 ハマウツボ科 

ヨーロッパ~北アフリカ原産の一年草で、高さは15~40cmになります。
マメ科、キク科、セリ科の植物に寄生し、葉緑素を持っていません。
川の土手や道端で、マメ科のシロツメクサに寄生しているのをよく見かけます。
日本では1937年に千葉県で初めて確認され、牧草に混入して侵入したと考えられており、本州と四国の全域に帰化しています。
花は、4月~5月に咲きます。
アフリカでは、マメ科の農作物に寄生して大きな被害を与えているとのことです。
(写真)2015.5.6 加東市野村

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 19, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 16, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia