ハタケニラ

February 21, 2019

キジカクシ目 ヒガンバナ科

北アメリカ原産の多年草で、花茎の高さは20~60cmになり、畑地や公園、道端などに生えています。
明治時代中頃に園芸用として渡来したものが野生化し、本州(関東地方~近畿地方)と四国に帰化しています。
花は5月~6月に咲き、花粉は昆虫が運びますが、風でも運ばれます。
種子だけでなく球根(鱗茎)でも繁殖し、強い繁殖力を持っています。
ニラという名がついていますが、葉はニラのような臭いはせず、食用にはなりません。
(写真)2017.5.25 加西市網引町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

October 18, 2020

October 18, 2020

October 14, 2020

October 13, 2020

October 10, 2020

September 30, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia