ハタケニラ


キジカクシ目 ヒガンバナ科

北アメリカ原産の多年草で、花茎の高さは20~60cmになり、畑地や公園、道端などに生えています。 明治時代中頃に園芸用として渡来したものが野生化し、本州(関東地方~近畿地方)と四国に帰化しています。 花は5月~6月に咲き、花粉は昆虫が運びますが、風でも運ばれます。 種子だけでなく球根(鱗茎)でも繁殖し、強い繁殖力を持っています。 ニラという名がついていますが、葉はニラのような臭いはせず、食用にはなりません。 (写真)2017.5.25 加西市網引町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia