ニラ

February 20, 2019

キジカクシ目 ヒガンバナ科

野菜として栽培され食べられている植物ですが、川や池の土手、畑地、道端に普通に生えています。
花は8月~9月に咲き、花茎の高さは30~50cmになります。
日本では本州、四国、九州で野生で見られ、海外では中国、インド、パキスタンに分布します。
日本で野生で見られるものは、弥生時代に渡来し栽培されていたものが野生化したという説と、元々自生していたという説があり、よく分かっていません。
古事記では「加美良(かみら)」、万葉集では「久々美良(くくみら)」、正倉院文書では「彌良(みら)」と呼ばれており、平安時代末期頃に「ミラ」が「ニラ」に変わったといわれています。
(写真)2017.9.20 西脇市落方町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 20, 2020

September 19, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 16, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia