ミナミアオカメムシ(カメムシ科)


体長 12~16mm

暖かい地域に生息するカメムシで、以前は和歌山県南部までしか生息していませんでしたが、現在は南関東地方まで分布を広げてきています。 もともと生息しているアオクサカメムシとよく似ていますが、肩の張り出しが大きくないところが違っています。 いろんな植物の汁を吸い、イネの害虫ともなっています。 成虫は、4月~11月に見られます。 (写真)2016.11.20 明石市大明石町(明石川)

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia