ツマアカクモバチ(クモバチ科)


体長 12~20mm

アシダカグモやコアシダカグモを狩る南方系のクモバチです。 クモを狩ってから細かい砂や腐葉土の地面に巣穴を掘り、クモを運び込んで卵を産み付けてから周囲の土をかき集めて巣穴を埋めます。 成虫は、6月~9月に見られます。 (写真)2018.9.11 明石市明石公園

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia