セグロカブラハバチ(ハバチ科)


体長 5~8mm

農地から森林周辺まで普通に見られます。 幼虫は、各種のアブラナ科の植物を食べますが、特にイヌガラシの仲間の植物によくいるようです。 成虫は4月~10月に見られ、幼虫の食草以外にクサギやキランソウに集まっているのがよく見られます。 これは、これらの植物に含まれる化学物質を、捕食者に対する忌避物質や交尾刺激物質として利用するためと考えられています。 (写真)2020.5.5 明石市明石公園

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia