オオハキリバチ(ハキリバチ科)

February 1, 2019

体長 22~25mm

竹筒やカミキリムシの脱出孔など既存の穴を利用して、松やになどの樹脂を使って巣をつくります。
クズ、カラスザンショウ、ネズミモチなどの花粉と蜜を集めて花粉団子をつくって巣に詰め込んで産卵し、松やにの壁で仕切った部屋を数珠つなぎに作り最後に入り口を土で風をします。
成虫は、6月~10月に見られます。
(写真)2018.6.14 明石市明石公園

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

August 9, 2020

August 8, 2020

August 3, 2020

August 2, 2020

August 1, 2020

August 1, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia