サトユミアシゴミムシダマシ(ゴミムシダマシ科)

January 31, 2019

体長 21.1~28.1mm

雑木林や照葉樹林に生息し、市街地にわずかに残された緑地にもいます。
夜行性で、広葉樹の倒木や立ち枯れの木の樹皮の下にいます。
身の危険を感じると、刺激臭を出します。
幼虫は枯れ木の中に穴を開け、トンネルをつくりながら食べ進みます。
成虫は4月~10月に活動し、成虫で越冬します。
(写真)2019.2.23 加西市網引町(越冬中)

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 30, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 28, 2020

September 28, 2020

September 24, 2020

September 24, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia