ヒオドシチョウ(タテハチョウ科)

January 29, 2019

開張 60~70mm

日本では北海道から九州まで、日本以外では東ヨーロッパから東アジアにかけて広く分布します。
丘陵地の雑木林に生息し、樹液や腐った果実、動物の糞にやってきます。
幼虫は、主にエノキの葉を食べます。
成虫は3~10月に見られ、成虫で越冬します。
都市近郊では、雑木林の減少とともに少なくなってきているようです。
(写真)表 2019.6.10 加東市上久米

 (写真)裏 2019.6.10 加東市上久米

 

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 19, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 16, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia