ハシブトガラス

January 28, 2019

スズメ目 カラス科

全長 56cm程度

留鳥で、森林地帯に住みますが、近年は都市部に急速に分布を広げてきました。
ハシボソガラスとよく似ていますが、クチバシの上の額が出っ張っていることで見分けることができます。
ハシボソガラスが「ガーガー」と少し濁った声で鳴くのに対し、ハシブトガラスは「カーカー」と澄んだ声で鳴きます。
雑食で、昆虫や木の実、動物の死骸など、あらゆるものを食べ、都市部ではよく生ゴミをあさりにやってきます。
ペアは年間を通して縄張りを持ち、繁殖期以外は夜間に人が立ち入る事のないよく茂った森に集団ねぐらを持ちます。
(写真)2017.6.4 明石市明石公園

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 30, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 29, 2020

September 28, 2020

September 28, 2020

September 24, 2020

September 24, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia