ウツギ(卯の花;ウノハナ)

January 15, 2019

ミズキ目 アジサイ科

高さ1~3mの落葉低木で、日当たりのよい川岸や林縁に生えます。

日本の北海道、本州、四国、九州と中国に分布します。
花は5月~7月に咲き、花粉は昆虫が運びます。
枝が中空なので、「空木(ウツギ)」と名づけられました。
卯月(旧暦の4月)に花が咲くから「卯の花」とも呼ばれるといわれていますが、「卯月」は「卯の花」の咲く月という意味だともいわれています。
どちらの名前が先にあったのでしょうか。
万葉集に「うのはな」という名前がでてくるので、昔からこう呼ばれていたようです。
佐々木信綱作詞の「夏は来ぬ」という唱歌に「卯の花の匂う垣根に」という歌詞がありますが、ウツギの花はほとんど香りがしません。
これは「匂う」という言葉が「香りがする」という意味ではなく、「色が鮮やかに照り輝く」という方の意味で使われたものです。
(写真)2018.5.26 三木市志染町

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

September 20, 2020

September 19, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 17, 2020

September 16, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia