センダン

December 28, 2018

ムクロジ目 センダン科

落葉の高木で、海岸近くや川岸、林縁などの日当たりのよいところに生えます。

日本の本州(伊豆半島以西の暖地)、四国、九州、沖縄と朝鮮半島南部、中国、台湾、ヒマラヤに分布します。
日本では古くから公園や街路樹に植えられ、東北地方や関東地方でも野生化しています。
花は5月~6月に咲き、花粉は昆虫が運びます。
果実はヒヨドリなどの野鳥が食べにやってきますが、サポニンという有毒成分を含むため人間が食べると中毒をおこします。
センダンという名前は、実のなる様子を三井寺(滋賀県大津市)の鬼子母神祭の千団子に見立ててつけられたという説と、鈴なりになる実を連ねた数珠に見立てて「千珠(せんだま)」と呼んだところからきたという説があります。
「栴檀(センダン)は双葉より芳し」ということわざのセンダンは、この植物ではなくインド原産の香木の白檀(ビャクダン)のことで、日本のセンダンにはそのような芳香はありません。

ビャクダンを中国名で栴檀と書くことから混乱が起こっており、中国名の栴檀は元々のベンガル語のchandanを漢字にしたものということです。

センダンの古名は「あふち(おうち)」といい、昔の書物の「本草和名(918年)」には「亜布智」、「和名類聚抄(935年)」には「阿布智」、「大和本草(1709年)」には「アフチ、俗にセンダン」と書かれているということですが、その名前の由来はよくわかりません。
(写真)花 2018.5.31 加古川市尾上町

(写真)果実 2018.12.5 稲美町加古

 

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

July 6, 2020

July 5, 2020

July 3, 2020

July 3, 2020

July 3, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia