ノビタキ


スズメ目 ヒタキ科

全長 13cm程度

夏にユーラシア大陸中部~西部、日本の本州中部から北で繁殖し、冬は越冬のため東南アジアなどへ渡ります。 日本の本州中部から南では、旅鳥として春と秋の渡りの途中で立ち寄るものを見ることができます。 河川敷や農耕地で草の穂先や灌木などに停まっては移動を繰り返し、主に昆虫類を捕まえて食べます。 (写真)オス 2015.10.11 小野市黍田町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia