スキバツリアブ(ツリアブ科)


体長 10~16mm 幼虫は、土の中に巣を作るハチの仲間の幼虫に寄生すると考えられています。 砂や乾いた泥にお尻をくっつけて産卵するような行動をしますが、これは卵をカムフラージュするためか、お尻に砂や泥をつけているとのことです。 成虫は、7月~10月に見られます。 (写真)2020.8.8 加西市若井町

(写真)2018.8.11 小野市下大部町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square