セアカツノカメムシ(ツノカメムシ科)


体長 14~19mm 樹林地に生息し、ツノカメムシの仲間では最も普通に見られます。 スギ、ヒノキ、ヤマウルシ、ヤシャブシ、アセビなどの樹木に着いて、実の汁を吸います。 成虫は、4月~10月に見られます。 (写真)2018.6.26 多可町八千代区

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square