ホソヘリカメムシ(ホソヘリカメムシ科)

September 13, 2018

体長 14~17mm
マメ科植物の汁を吸うことから、豆の害虫として知られています。
成虫はカメムシとしては珍しく匂いがしません。
腹に黄色と黒の縞模様があり、飛ぶとハチに見えることで身を守っていると考えられています。
また、幼虫は黒くてアリにそっくりな姿をしており、これにより身を守っていると考えられています。
成虫は4月~11月に見られ、成虫で越冬します。
(写真)2018.5.6 加古川市上荘町

(写真)幼虫 2020.6.16 小野市小田町

 

 

Please reload

Featured Posts

私たちの会では、これまで武庫川、猪名川、揖保川、淀川、大和川、由良川について、その流域の自然環境と人のくらしのかかわりをテーマとした冊子を発行してきました。
このたび、加古川に関する冊子をとりまとめることができました。
その内容については、何らかの方法で紹介したいと思っています。
この冊子では、動植...

このe-Bookについて

January 26, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

August 3, 2020

August 2, 2020

August 1, 2020

August 1, 2020

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square

© 1999-2016 by Wildlife Research Society

Power by Ashiya Famillia