ヒメマダラナガカメムシ(マダラナガカメムシ科)


体長 8~9mm 主に海岸部に生息していますが、内陸部の草地でも見られます。 ハマヒルガオ、ヒルガオの汁を吸います。 前羽の斑紋は個体により変化に富んでいます。 成虫は4月~11月に見られ、成虫で越冬します。 (写真)2016.9.17 小野市黍田町

(写真)2019.8.29 加西市玉野町

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Black Square
  • Twitter Black Square
  • Google+ Black Square